フランス旅行記 12日&13日目(最終日)

トミナガです.すでに帰国しています.

12日,13日はモン・サン・ミシェルに行って来ました.

 

朝,南仏を発ち,電車に乗ってモン・サン・ミシェルへ.一旦パリまで特急で行き,その後モン・サン・ミシェルに行ったので,ついた頃にはすでに夕方でした.

モン・サン・ミシェルに着いたらひとまず潮が上がる前に修道院周りを散策.城下町とは違いますが,意外と修道院周りで街が完成しています.昔々から有名な巡礼場所というので宿泊場所と食事場所は充実しているのでしょう.多分普通に人が住んでいる(?)

その後は干潟になっている方も少し歩きました.大量の貝殻があるんですが,ムール貝の貝殻らしきものもあってフランスを感じました.後,季節なのでクラゲも大量に打ちあがっています.ここら辺は自然の音(と行っても海鳥の鳴き声)以外は一切聞こえず静かなので心が穏やかになれて好きです.

 

この日の夕飯はオムレツを食べました.この一帯のオムレツは,昔は巡礼者が食べるものという意味合いがあったそうですが,今は観光客向けの高級料理となっています.有名な店はマジで高い.僕らは(比較的)庶民向けの店で食べました.でも美味しい.そしてめちゃくちゃお腹いっぱいになります.

 

夜になると,モン・サン・ミシェルはライトアップされます.やや離れた見晴らしのいい場所から眺めていたのですが,確かに綺麗です.ただ,メチャクチャに暗いので写真に収めようとすると下手なカメラでは無理です.

 

モン・サン・ミシェル付近の宿で一泊し,朝からもう一度モン・サン・ミシェルへ.今回は修道院内部に向かいます.よくわからなかったしガイドブックにも書いてなかったのですが,僕らが行った日はなぜか無料でした.

修道院内部は時代を経て増築,改築を繰り返しているので,例えば大広間一つ取ってもある壁を境に建築様式が違って来て見ていて面白いです.潮風にあたるので腐敗も早いのでしょうか.僕らが行った時は中庭が修復工事の最中でした.眺めがいいのと,修道院内部はやたら迷路みたいになっていたことが印象的でした.

修道院を出たら先日行かなかった方を散策しました.干潟の中を足を泥だらけにしながら歩いているグループが複数見受けられて面白かったですね.僕はやりたくないですが

 

その後,お土産屋でお土産を買った後は,バスと電車でパリへ.夕飯に鴨肉のコンフィを食べました.フランスの気軽な料理屋は基本的に美味しいしバリエーションが多くて好きです.

 

ということでフランス旅行記おしまいです.長く旅行しましたが,楽しかった.おそらく大学生のうちは海外旅行はもう行かないのかなあというタイミングになってしまったのが残念です.